さまざまな用途

the medicines on the hand

サインバルタとは、日本で2010年に発売が開始された、比較的新しい抗うつ剤です。憂うつや抑うつを緩和し、気持ちを前向きにしたり行動する意欲を向上させる効果があります。精神症状だけでなく、糖尿病の影響による神経痛などの痛みを抑えることから、内科や整形外科でも処方されている薬です。従来の抗うつ剤はセロトニンを増やすことで、うつや不安といった症状を抑える効果がありますが、サインバルタはセロトニンだけでなくノルアドレナリンを増やす効果もあるのが特徴です。ノルアドレナリンが増加すると、意欲や気力を高めることができ、うつ病の回復を早めるのに役立ちます。また、サインバルタは副作用が少ないため、従来の抗うつ剤より安心して服用できます。

サインバルタは、有効成分デュロキセチンが配合された、SNRIと呼ばれる分類の抗うつ剤です。高い効果と少ない副作用が認められ、世界中で多くの人が服用しています。サインバルタが向いているのは、抗うつや不安よりも、何もやる気が出ないという意欲の低下に苦しんでいる人です。反面、苛立ちや焦りなどを強く感じている人には逆効果となる可能性があります。うつ病や不安障害は、患者によって症状の強さや種類が違います。抗うつ剤や休息で心の不安が落ち着いてきたけれど、物事を始める気力や意欲が湧かずに立ち止まっているような状態に、サインバルタは効果的に働きます。精神科などで処方を受けると高価な薬ですが、個人輸入を利用すれば費用を抑えることが可能です。